この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

パワーストーンとパワースポットの関係

パワースポットの属性とパワーストーン利用

属性ベースを五大元素(地・水・火・風・空)に据えた時、パワースポットの属性も自分の属性も、五大元素を基準として設定されることになるわけですが、この属性には相性があり、五代元素の場合は同属性同士の相性が良く、相克属性との相性が悪いのが基本的な相性で、加えて同属性以外の比較的相性の良い属性が存在します。

もっとも、属性の相性はパワースポットの恩恵を受けやすいか否かの指標に過ぎないので、相性が悪いパワースポットに赴いても特にデメリットは生じません。

なお、パワーストーン(貴石・半貴石・象牙・鼈甲・金属・化石等々)と呼ばれるお守りの一種はパワースポットに近い性質と同様の属性が存在するので、パワースポットと同属性のパワーストーンや相性の良いパワーストーンを持つという手法もあります。

パワーストーンで疑似的パワースポット効果

パワースポットとパワーストーンは超常的な特色や指向性が似通っている為、両者を併用することによるシナジー効果があると言われており、パワースポットに行く際に、パワースポットと同属性もしくは相性の良い属性を持つパワーストーンを携行することによって、パワーストーンにパワースポットの恩恵をチャージすることができるとされています。

つまり、パワースポットへ好相性のパワーストーンを携行することで、パワーストーンにパワースポットの恩恵を電池のように溜めこんだり、補充できたりすることが可能となり、パワーストーンが疑似的なパワースポット効果を発揮し、パワースポットのように恩恵を得られたり、パワーストーン自体の力の底上げを期待できるわけです。